>  入試情報  >  試験日程・試験方式  >  保健医療学部  >  公募制推薦入試

testschedule

【保健医療学部】公募制推薦入試

1. 出願資格

下記の条件を満たす者

  • 2017年4月から2018年3月までに高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、および2019年3月に高等学校もしくは中等教育学校を卒業見込みの者
  • 本学の教育方針を理解し、出身学校長の推薦がある者

2. 募集人員

学部 学科専攻 募集定員
保健医療学部 看護学科 30名
総合リハビリテーション学科 理学療法学専攻 11名
作業療法学専攻 11名
言語聴覚学専攻 11名

3. 入試日程

入試方法 出願期間
(出願書類は
 締切日消印有効)
入試日程 合格発表日
(合格通知発送日)
入学手続締切日
一次 二次
総合評価型
基礎評価型
10月22日(月)
~11月8日(木)
11月15日(木) 11月22日(木) 12月14日(金) 12月26日(水)


公募制推薦入試の基礎評価型は、総合評価型に出願する場合のみ受験(出願)することができます。
※インターネット出願の登録は、出願締切日の23:00までに完了してください。入学検定料の入金は、出願登録した翌日(出願締切日は当日)の23:59までに完了してください。

4. 試験会場

5. 試験時間割・試験科目

英語外部試験のスコア・資格に応じて換算した「英語」の得点で合否判定を受けることができます。詳しくは英語外部試験利用制度を参照してください。

総合評価型・基礎評価型

〇総合評価型(受験必須)
 学科試験2科目200点(各100点)と調査書の評定平均値100点(評定平均値×20)の合計300点で合否を判定します。

10:30~12:30(120分) 選択科目(マーク)
英語/国語/数学
から2科目
200点
(各100点)
調査書 100点

〇基礎評価型
 総合評価型で受験した科目のうち高得点科目を2倍して2科目300点(200点+100点)で合否を判定します。

※総合評価型は受験必須です。基礎評価型だけを受験することはできません。基礎評価型の出願には追加の検定料が必要です。

<マーク方式テストの試験範囲>

  • 英語・・・『コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ、英語表現Ⅰ、英語表現Ⅱ(聞き取り試験は含まない)』
  • 国語・・・『国語総合(古文・漢文を除く)、現代文B』
  • 数学・・・『数学Ⅰ、数学A』

6. 出願書類

封筒(市販のもの)に下記の書類を入れて、簡易書留・速達で送付してください。(締切日消印有効)
 

調査書(開封無効)

出願3ヶ月以内の出身学校長が作成したものを提出してください。

  • ※出願時に入手が間に合わない場合は、入試広報部(06-6155-8025)まで必ず連絡してください。

推薦書

推薦書

出願3ヶ月以内の出身学校長が作成したものを提出してください。

  • ※出願時に入手が間に合わない場合は、入試広報部(06-6155-8025)まで必ず連絡してください。

英語のスコア・資格取得を証明する資料(英語外部試験の得点換算を希望する者のみ)

出願開始日から2年以内に受験した英語外部試験のスコア・資格を取得したことを実施団体が証明する正式文書(コピー可)を提出してください。
詳しくは英語外部試験利用制度を参照してください。

7. 併願について

  • 保健医療学部内の各学科・専攻、白鳳短期大学看護学専攻、白鳳短期大学リハビリテーション学専攻(理学療法学課程・作業療法学課程)間で、第2志望・第3志望の併願ができます。追加の入学検定料は不要です。
    ※ 白鳳短期大学の各専攻を第1志望にすることはできません。
    ※ 白鳳短期大学看護学専攻は女子のみ併願できます。
  • 保健医療学部⇔理工学部間の併願(同日受験)はできません。
  • 保健医療学部⇔政治経済学部間の併願(同日受験)はできません。
  • 保健医療学部⇔教育学部間の併願(同日受験)はできません。
  • 他大学との併願ができます。

8. 諸注意

  • インターネットによる出願手続き、出願書類の準備・郵送等は出願期間に間に合うように早めに行ってください。
  • 一度提出された出願書類および入学検定料は、いかなる理由があっても返還しません。また、入学検定料入金後の志望学部・学科・専攻の変更および併願学部・学科・専攻の追加はできませんので、出願にあたっては十分注意してください。
  • 病気・負傷や障がい等のために、受験上または修学上の特別な配慮を必要とする場合は、出願前に必ず入試広報部(06-6155-8025)に相談してください。