blog

【政治経済学部】キャリア研究『企業博物館の展示から考察する企業経営~B2C企業のケース~』が行われました。

2017年05月02日

政治経済学部2年生の必須授業『キャリア研究』。
本日は、粟津重光先生をお招きし、「企業博物館の展示から考察する企業経営~B2C企業のケース』をテーマにご講義を賜りました。

大阪発祥の会社で、私たちの暮らしにも“マホービン”でなじみ深い象印マホービン。講義では象印が開設した「まほうびん記念館」という施設の展示から、
経営者の経営判断やその結果が企業経営についてどのような影響を及ぼしたのか、変革、イノベーションを継続していこくことの困難さと重要性など、具体的な商品開発の例などをあげながら様々な観点からお話くださいました。






戻る