blog

【政治経済学部】キャリア研究『社会に必要とされる企業になるための広報活動とは ~若者と中小企業が共に育つ社会の実現を目指して~』が行われました。

2017年05月15日

政治経済学部2年生の必須授業『キャリア研究』。業界研究の一環として実施され、各界から多くのゲストをお招きしています。
今回は、株式会社PRリンク代表取締役・神崎英徳先生にお越しいただきました。

神崎先生は、大手住宅設備メーカーの広報室で勤務された後、「社会性のある企業やNPОの質の高い情報を届けることで、子どもたちが安心して暮らせる社会の実現を目指す」をモットーに、そうした企業やNPОの広報支援会社、株式会社PRリンクを設立されました。

ご講演の中では、一般的な広報の話題にはじまり、先生が起業された会社の取組みまで幅広くご説明いただきました。
また、企業理念を実現させるためのプロジェクトの1つとして、“ミライ企業プロジェクト”についてお話くださいました。
現在、大卒入社3年以内の離職率が3割を超えており、その要因として働きがいのある企業を見極められないということが大きな要因の一つとして挙げられています。
それを解決すべく、様々な企業を取材し、取材を通じて得られた情報の中から、ミライを創造する力を高め続けている企業をまとめた「ミライ企業図鑑」を作成されております。
また、新聞記者のトレーニングを受けた学生記者が、学生の視点で取材し、記事を発信する取り組みである「学生通信社」の試みを通じて、将来を支える若い世代を育成していらっしゃいます。
それらの意義や成果についてもお話くださいました。

最後に、実際に学生記者を行っている大阪大学の佐藤さんから、学生通信社での活動や活動を通して得られたことなどを紹介してくださいました。







戻る