blog

株式会社大林組より小林利道先生をお招きしご講義を賜りました!

2017年05月24日

5月24日(水)に政治経済学部「キャリア研究Ⅰ」の第4回実学講座が実施されました。
今回は、株式会社大林組設計本部プロジェクト推進本部長小林利道先生にご講義を賜りました。

テーマは、『木造建築大国 日本の木造建築の今昔-古の巨大木造建築から最新の木造化建築のトレンドまで』です。
講義では、「オメガウッド」に代表されるに製材・木造建築技術の技術革新によって木造建築の可能性が大きく広がり、日本の木造建築は世界のトップに立ち得ること、
最新の技術を追求してゆくうえで、過去の技から得るものが大きいことが京都の方広寺復元プロジェクトを通じて分かったことなど貴重なお話をうかがうことができました。

講義後の質疑応答においても学生からの質問に、丁寧にお答えいただきました。

≪オメガウッドとは?≫
耐火木造構造物を、安価に施工できる大林組が開発した構法です。これまでコスト面で木造を断念していた工場や倉庫、スポーツ施設、講堂などの木造化が容易となります。木材利用を促進し、地球温暖化防止に貢献する技術です。





戻る