blog

【政治経済学部】事業創造・承継論(三元ラセン管工業・代表取締役社長高嶋様)が実施されました。

2017年06月27日

政治経済学部2年生を対象とする「事業創造・承継論」。
前期授業もいよいよ後半戦となりましたが、今週も熱い講義が展開されました!

今回は、三元ラセン管工業株式会社代表取締役社長・高嶋博先生をお招きいたしました。

三元ラセン管工業株式会社は、“ベローズ”と呼ばれる製品を作る企業です。
ベローズと言われてもなかなかピンと来る人は少ないかもしれませんが、ベローズとは、日本語では蛇腹(ジャバラ)と呼ばれることが多い伸縮可能な部品で、その伸縮性、バネ性、気密性を利用して一般産業用から真空機器、半導体、化学・医薬関連機器、宇宙関連施設、原子力関連の気体、流体の「気密封止」「漏洩防止」のシール用部材として使われております。

今回の講義は『経営危機で気づいた経営戦略の転換~町工場の生き残りは情報発信~』をテーマに行われました。
ライバル企業との激しい競争で危機的状況にあった会社の生き残りをかけた差別化戦略への転換や、
高付加価値戦略で、他社にはできない多品種、短納期の直接販売体制への切り替え、職場環境の整備や近年のウェブを生かした広報戦略など、経営の中心でご活躍される高嶋先生ならではの具体的なお話をたくさんお聞かせいただきました。
 



戻る