blog

【政治経済学部】竹中工務店常務執行役員・関谷先生による講義『「建築のプロジェクト・マネジメントについて-総合建設業の視点-』が行われました。

2017年07月05日

7月5日(水)に政治経済学部1回生対象の「キャリア研究Ⅰ」の第9回実学講座が実施されました。
今回は、株式会社竹中工務店常務執行役員関谷哲也先生に「建築のプロジェクト・マネジメントについて-総合建設業の視点-」というテーマでご講義を賜りました。

講義では、関谷先生ご自身の現場経験やヨーロッパでの取り組みから導き出された建設業におけるプロジェクトマネジメントの重要性、
建築業界の現状と将来の課題、「工務店」という言葉を作り出した竹中工務店の歴史と、南極昭和基地のプレハブ工法から東日本大震災復興事業への対応にいたるまでの代表的な事業、
さらには「街づくり総合エンジニアリング企業」を目指す竹中工務店の未来戦略-CRSビジョン・2025年のグループ成長戦略-などについて、貴重なお話をうかがうことができました。

学生たちにとってもおおいに刺激となる内容で、講義後の質疑応答においても学生からの質問に、丁寧にお答えいただきました。







戻る