blog

【政治経済学部】特任教授・山崎拓先生による特別講座『国際関係論的視点に立つわが国の外交・安保政策概論』が行われました。

2018年01月22日

1月22日(月)に政治経済学部「キャリア・ガイダンスⅠ」において本学特任教授・山崎拓先生の特別講座「国際関係論的視点に立つわが国の外交・安保政策概論」の第5回講義が実施されました。
今回のテーマは「戦後の日中関係の歴史的考察」です。
日本の外交・安保政策の基本方針のひとつである「アジアの一員としての日本」と密接な関係がある日中関係について歴史的視点を軸としてご講義くださいました。
講義では、戦後の日中関係の前提・前史となる近代以降の日中関係史・日中戦争史、戦後の日中国交正常化にいたる経緯とその後の歩み、日中関係を現在まで規定する平和五原則の登場とその政治的意味、現在、日中間および国際関係上大きな政治的焦点となっている尖閣諸島問題・南シナ海問題などについて詳細にご説明くださいました。



戻る