blog

【政治経済学部】特任教授の衆議院議員・田野瀬太道先生による講義が行われました。

2020年01月10日

12月23日(月)の政治経済学部「キャリア研究Ⅱ」において本学特任教授の田野瀬太道先生に政治家の立法活動についてご講義賜りました。

講義の内容は(1)立法の建て付け、(2)法案作りの実際、(3)日本の政治と課題の三点についてご講義いただきました。

「(1)立法の建て付け」では、立法府である国会において法律をつくるのが国会議員であると、先生ご自身の立場を明らかにされた上で、法律が作られるプロセスを解説いただきました。その中で、国会が通常国会、臨時国会、特別国会の三つのパターンで運営されていることについて説明されました。
「(2)法案作りの実際」では、政治は立法府、行政府、司法府の三権に分けられて運営されるが、法律作りの要請は行政から90%、立法から10%の割合で提出されることに言及されました。また、法律がつくられ執行されるまでの成り立ちについて一連の流れの説明がありました。その中で、先生自身が携わられたリニア新幹線の法案作りを実際例にして語っていただきました。
「(3)日本の政治と課題」では、国家100年について、個人的な意見と前置きされた上で、①教育、②科学技術政策、③林業、④首都機能移転、についてお話しいただきました。


戻る