blog

【政治経済学部】 読売新聞大阪本社・中村宏之先生に「経済報道と最近のトピックス」をテーマにご講義を賜りました。

2019年10月16日

政治経済学部「キャリア研究Ⅱ」の第4回(通算:第20回)実学講座が実施されました。
今回は、読売新聞大阪本社論説・調査研究室主任研究員の中村宏之先生にご講義を賜りました。
ご講義いただいたテーマは「経済報道と最近のトピックス」でした。

講義では、(1)メディアの現状、(2)新聞社の取材、(3)新聞記事の社説、(4)新聞の役割・責任、(5)就職活動に活用したい新聞、に分けて解説いただきました。
「(1) メディアの現状」では、新聞、テレビ、ネットメディアなどのメディアの現状を整理して、その特徴と役割を説明いただきました。
「(2)新聞社の取材」では、読売新聞社の取材の特徴がチームプレー重視であり、経済報道を中心にその活動を紹介いただきました。
「(3)新聞記事の社説」では、社説が各々の新聞社の立ち位置から世の中の動きを効率的に伝えてくれるコラムであり、いくつかの社説を取り上げて紹介いただきました。
「(4)新聞の役割・責任」では、読まれる紙面、役立つ紙面、報道内容の信頼性、という観点から目利き力と読解力をベースにした冷静な報道が必要であるとの説明をいただきました。
「(5)就職活動に活用したい新聞」では、経済を勉強する効用について、国内経済のトピック、国際経済のトピックに分類してお話しいただきました。

講義後の質疑応答では学生からの質問に対して、丁寧にお答えいただきました。




戻る