blog_student

<学生ブログ>保健医療学部の特色をご紹介!

2019年08月05日


こんにちは(^^)

和纏会執行部です!
 
今回は保健医療学部の授業と特色について紹介したいと思います!

保健医療学部は看護学科(以下:看護)
と総合リハビリテーション学科(以下:総リハ)の2つに分かれます。

総リの中には理学療法専攻(以下:理学)と作業療法専攻(以下:
作業)、言語聴覚専攻以下:言語)があります。
 
授業は学部全体の授業や学科での授業もあります。

総リハでの授業の特徴は、理学、作業、
言語の3つの専攻があることによりチーム医療という点について色々話し合ったり、色々な考え方を学ぶことができることです。

チーム医療とは1人の患者さんに対して沢山の医療従事者が関わる
ことで、情報交換を行う等を通して、患者さんにとっての最善の道を探すことです。

これはどこの病院、
施設に行っても必要なことです。特に言語聴覚士になるための勉強ができる大学が少ないため、3分野揃って勉強できるのは貴重なことだと思います。

また、珍しいことに、
同専攻の他学年と一緒に授業を受けることもあります。それによって、先輩の凄さがわかり、頑張ろうと思えます。

他にも、保健医療学部なので沢山の医療器具や検査を試してみたりする、楽しい授業もあります。
 
最後に、私たち保健医療学部は、最終的に、国家試験に合格しないと働くことが出来ません。しかし、特別心配はいりません。

なぜなら、
1年生の後期から国試対策が始まります。専門の先生の国家試験対策がこんなに早く始まる大学はほとんどないのではないでしょうか?

コチラ
が1期生の国家試験合格率です!
 
ちなみに、専攻によってクラス分けされているので、クラスみんなで4年間、頑張っていけるところも魅力です!

保健医療学部の概要は
コチラへ!
 

戻る